「みんなSAME」グループ展

【グループ展出展】【#みんなSAME 】

ご縁があって#パークサイドギャラリー のグループ展に参加します。

1/16〜31です。

2作品出展します。

#みんなSAME 展を私なりに紐解いた時の頭の中

.

「ボーダレス」を考えた時、「海と陸」を想像し、みな同じなんだと思えば、「同じ」とは英語でSAME、SAMEはローマ字読みで「サメ」、「サメ」は「鮫」は海の生き物、では海の生き物が陸で表現できれば・・・それをわたしらしく表現するには・・・そしてそれが「ボーダレス」になるには・・・

.

.

.と、考えた末の以下の2作品になりました。





・ないざいするもの

【PHOTO】HBK!

( Instagram / Fukcrec_hbk )

( Web site / https://fukcrec-hbk.amebaownd.com )

【MODEL】Da Da・Le ' Cine

(Twitter/ DaDa・Le Ciné )

【PAINT】ミサキ

【協力】Bar EL·DORADO

すべては同じように内在するのだ

あとはいづれを引き出すかだけ

___________________________


【ないざいするもの】【作品解説】

「みんなSAME」と題した今回のグループ展は、「英語世界」と「日本語世界」の言葉遊びからうまれています。

SAMEを「サメ」と「同じ」の二つの意味で捉えた時に、テーマを「言語」にしようと思いました。

「言葉は、外からはいってくるのか中からでてくるのか」

この問いかけに、今回は「(言語は)内在している」と結論付けて表現しました。

「すべての言語は人の中に「同じように」在り、そのいづれを引き出すかだけだ。」 

という解釈です。

そこで、60カ国ほどの「サメ」という単語を書いてもらいました。

あとは、ミサキさんのセンスで文字が敷き詰められ、シュモクザメが描かれました。

ポーズに関しては、モデルのDaDaさんに頑張っていただきました。

ガスマスクには、ふたつの意味があります。

一つは匿名性の確保、もう一つはわたしの好みです。


・うみよりきたるもの

【PHOTO】HBK!

【MODEL】アンジー & 旭翔 (父子)

うみよりきたるものは、まれびとなのか

とこよかうつしよかは、だれにもわからない

_______________________

うみよりきたるものは、まれびとなのか

とこよかうつしよかは、だれにもわからず

【うみよりきたるもの】【作品解説】

今回のグループ展のサブタイトルに「海と陸をつなぐアート遊び」とありました。

わたしは、これを「海は、うみ」とひらがなで捉え直しました

すると、わたしの友人の家で子供が産まれると聞きつけましたので、その赤児と父(わたしの友人)の二人に作品モデルになってもらうことにしました。

うみよりきたるものは、まれびとなのか

とこよかうつしよかは、だれにもわからない

うみよりは、この場合「産み」と「海」をかけていて、作品の文脈からは「産み」のほうがわかりやすいと思います。

(母体の海という考えも素敵で美しいのですが、今回は割愛です。)

そして産まれてきたこの赤児は、まれびとなのかと問いかけています。

まれびと(客人・稀人)とは、外部からの来訪者で、その外部とは「常世」、つまりあの世とされています。

この場合、わたしは「稀人」という言葉のほうを意識しました。

「とこよかうつしよかは」、赤ん坊の誕生という神秘体験は「霊魂の世界からやってくるのか、生殖行動の果てにやってくるのか」と問いかけています。

そして、それは誰にもわかりはしない、のです。

ここまでは、いわゆる言葉遊びで作り上げました。

あとは、主題の「みんなSAME」にそって「サメ」をわかりやすくおとしこもうということで赤児にサメ柄のバスタオルを着せました。

生後10日で作品モデル、お疲れさまでした。彼に自我が芽生えたらまた作品撮影したいです。

ガスマスクには、ふたつの意味があります。

一つは匿名性の確保、もう一つはわたしの好みです。




パークサイドギャラリーでの展示は1/31の19時まで行っています。

通路に展示していますので、お近くお通りの方は是非ご覧ください。

三越と警固公園の間の通路です。

駐車場は付近のコインパーキングをご利用願います。


場所:福岡市中央区天神2丁目11番3号

ソラリアターミナルビル1F警固公園側福岡三越横通路

通路開放時間 5:00~24:30

問合せ先:天神エフエム株式会社「パークサイドギャラリー事務局」

TEL:092-734-5462


MOUHITOTSU NO SHIKAKU SEKAI

すべての写真が「記憶を伴う記録」でありますように

0コメント

  • 1000 / 1000